はたらく40代ママの「子供と過ごす時間」

40歳になって、子育て、家族のこと、自分の時間、日常感じることを日記にしました

子供の「とびひ」は登園NG?お薬を嫌がって飲まない。苦いお薬は苺ジャムを使って飲ませてみて!

息子がとびひにかかりました。

お薬を飲まさないと治らないとびひです。お薬を嫌がる子どもに飲ませるのは大変。みなさんはどのように飲ませているんだろう?

f:id:hatarakusyuhu:20171217000111j:plain

朝起きてきた息子の顔を見て

赤い小さな斑点を見つけた時は

もしや??と思いました。

 保育園の同じクラスで
とどひにかかっていたお友達がいたことも頭に過ぎりました。

 

 

<広告>

 

 

とびひって何?

とびひというのは「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」という病気です。

 

赤い発疹や水ぶくれが

火事の時の火の粉が飛ぶように

あっという間に飛んで広がるという理由から通称「とびひ」と呼ばれています。

 

とびひは

黄色ブドウ球菌という細菌が

皮膚に感染して発症します。

 

目、鼻、口の周りから

発症する事が多く

全身に広がる病気です。

 

細菌がついた手などから

人にうつるので

感染しやすい病気です。

 

わかりやすい製薬会社のHP

↓↓↓

皮膚疾患情報とびひ(伝染性膿痂疹)> 「とびひ」について詳しく知ろう> とびひとは?

 

 

とびひは登園NG?早めの治療が肝心

とびひは広がると全身に広がり厄介なので

 早めの治療が肝心です。

 

とどひが酷くなると

•保育園を登園できなくなる。

•夏場ならプールに入れない。

•お薬を塗る作業が大変。

•兄弟(姉妹)がいるとうつる。

•子どもの可愛いお顔が可愛さ半減。

など、良いことなしです。

  

出席停止の病気ではありません

登園の可否は

保育園でも各々の判断があるようです。

 

息子が通う保育園では

症状が顔に出ていたら

基本的には登園NGですが、

ジュクジュクしていなかったら

セーフという判断でした。

 

 服に隠れる箇所なら

子どもが触れないので

ガーゼなどでカバー出来れば

登園可能でした。

 

息子は顔に出ていたのですが

まだ症状が出始めで

ジュクジュクしていなかったので

この日は登園OKでした。

 

 

とびひ治療方法

抗菌作用のある飲み薬と

塗り薬で治します。

さらに痒みのある場合は

そのお薬が処方されます。

 

しっかりとお薬を飲んで

塗り薬をぬれば

5日ほどで治ります。

 

でも

子どもにお薬飲ませるって

とても大変ですよね。

 

<広告>

 

 

苦いお薬の飲ませ方(我が家の成功例)

 

お薬を手に入れたものの

薬を飲んでくれない

嫌がるのが困ります。

 

今回処方されたお薬は

・フロモックス細粒(抗菌作用の飲み薬)

・ビオフェルミン細粒(胃薬)

・テラマイシン軟膏(抗菌作用の塗り薬)

 

 

フロモックス細粒は苦いお薬です。

(フロモックス 細粒のジェネリックも同じく苦い)

飲みやすくするために

イチゴ味のコーティング加工がされています。

ピンク色の顆粒です。

 

口に入れてすぐに飲み込む程度であれば苦味はカバー出来ますが

口に含んでモゴモゴしていると

コーティング加工が剥がれて

苦味がでてきます。

 

2歳児に薬をゴクっと飲み込ませることは難しい!

薬を見ただけで「嫌っ」と逃げ出す息子には毎度毎度困っています。

 

ビオフェルミン細粒

クセがなく優しい甘さのある粉です。

見つからないように(薬を入れる姿を見られると怪しいと気づかれます)

カルピスや牛乳に混ぜてしまえば

気づかれません。

 

問題はフロモックス細粒を

どうやって飲ませるか。

 

市販の「お薬を包むゼリー」

我が家では

上手くいったことがないので

他のものを使いました。

 

1回目、ヨーグルト(濃厚ヨーグルト)にトッピングして食べさせてみたら、

食べてくれました。

 

次の日、同じようにトッピングしてみたら

ダメ…。なんか変な味がすると感じたようでダメでした。

 

とどひは

塗り薬だけでは治りが遅く、

どんどん広がってしまう。

なんとしてでもお薬を飲ませたい!

 

息子の大好きな苺ジャム

使ってみました。

 

食パンと苺ジャムで

苺ジャムサンドを作って

中にお薬を仕込みました。

 

少しでも食べやすくしようと思い、

パンの耳も切り落としています。

 f:id:hatarakusyuhu:20171219180437j:image

 これで見た目もわからない。

ジャムの味が強くて

苦味を誤魔化せました。

 

 

ビスケットの苺ジャム乗せ

作りました。

ビスケットとジャムの間に

フロモックスを仕込んでいます。

 f:id:hatarakusyuhu:20171219174200j:image

一口サイズのビスケットを5枚。

苺ジャムたっぷり乗せています。

 美味しそうですね。

  

 

〈追記〉

チョコレートクリームでも成功しています!!

f:id:hatarakusyuhu:20180114210450j:image

 

 

騙すつもりはないのです。

若干の罪悪感が心を過ぎりますが、

5日間、この方法で

薬を飲ませ続けることが出来ました!

 (インフルエンザのお薬「タミフル」も成功しました^ ^)

 

 

親も子も薬を飲む(飲ませる)

負担を感じずに治療が出来たら

良しですね。

 

 

 最後まで読んでいただき

ありがとうございました^^

 

 

<広告>